FC2ブログ

特集オーディオドラマ 1

今回は阿久悠さん原作の、ある朗読小説を紹介したいと思います。

阿久 悠(あく ゆう、1937年2月7日 - 2007年8月1日)は、日本の放送作家、詩人、作詞家、小説家。第2回横溝正史ミステリ大賞、第45回菊池寛賞受賞。
広告代理店でコピーライター・CM制作を手がけながら、1964年(昭和39年)から放送作家として活動。音楽番組の台本を書いているとき、歌われる歌の歌詞を写しながら、作詞の勉強をした。また番組の企画書を書かせたら日本一とも言われたほどである。

シングル売上枚数
これまでに発売されたシングルの総売上枚数は6,828万枚で作詞家歴代1位。2位以下に大差をつけている。
1位 - 6,828万枚 阿久悠
2位 - 4,984万枚 松本隆
3位 - 4,576万枚 秋元康
4位 - 4,219万枚 小室哲哉
5位 - 3,718万枚 稲葉浩志
6位 - 3,570万枚 桑田佳祐
7位 - 3,467万枚 つんく♂
8位 - 2,850万枚 桜井和寿
9位 - 2,596万枚 なかにし礼
10位 - 2,473万枚 山上路夫
(2011年6月20日付現在、オリコン調べによる)
なお、阿久悠が作詞した曲のシングル売上枚数上位は、1位「UFO」、2位「サウスポー」、3位「北の宿から」である。
(Wikipedia)


ということで、多彩かつ素晴らしい才能をお持ちだった阿久悠さん。
そしてここに、氏が還暦を迎える年に書いた『ラヂオ』という、放送作家を題材にした長編小説があります。



この作品の舞台は、終戦直後の兵庫県・淡路島。
終戦前には考えられなかった「男女共学」が始まる、小学校5年生の世界です。
戦争で長男を亡くし、悲しみを抱えた家族の中で、ひとり新時代の放送作家を夢見る少年。空襲で母親が焼け死ぬ所を目撃し、言葉を失ってしまった転校生。酒場を経営する若作りの母と二人で暮らす、クラスメートの少女。
こうした登場人物たちと、「ラヂオ」という言葉を中心に、物語が展開されていきます。

終戦直後の日本の風潮が見事に表現されており、ただの日常の一場面の描写であっても、私にはすごく魅力的に感じられました。またこのオーディオドラマは、第38回ギャラクシー賞ラジオ部門優秀賞を受賞しています。約160分と少し長い作品ですが、実際に聴いてみれば、それだけの評価を受けているゆえんがすぐに分かると思います。
もし気が向きましたら、ぜひ一度聴いてみてください。

さて、今回の記事で横溝正史や菊池寛の名前がちらっと出てきたので、次回は、その辺りの話に関して紹介させていただくかも知れません。
ではまた!

読書メーター

始めてみました。

自分が今までにどんな本を読んできたかって、結構忘れているもんですね。
ということで、備忘録として活用していこうと思います。
読んだ本の感想まで書いていけるかどうかは、ちょっと分からないですが……!

そいで今回は、星新一さんのオススメのAA(アスキーアート)作品を2つばかし紹介したいと思います。

星 新一(ほし しんいち、本名・星 親一、1926年9月6日 - 1997年12月30日)は、日本の小説家、SF作家。
父は星薬科大学の創立者で星製薬の創業者・星一。森鴎外は母方の大伯父にあたる。多作さと作品の質の高さを兼ね備えていたところから「ショートショート(掌編小説)の神様」と呼ばれている。
(Wikipedia)



一つ目は、「処刑」
罪人には「銀の玉」が一つ手渡される。
この銀の玉は一度ボタンを押すたびに周囲の空気を急激に圧縮させ、わずかな水を作り出す。気温が高く乾燥しているこの赤い星において、水はまさに命そのものであった。
しかし、この星は罪人を処刑するための星である。
この銀の玉はボタンを一度度押すたびにわずかな水を生み出すが、その何回目かに大爆発を起こし、罪人を死に至らせる。そしてその爆発は何回目のボタンかは分からない。1回目で爆発を起こすかもしれないし、1000回目で起こすかもしれない。もしかしたら爆発は起こらないかもしれない。
それは誰も知らないのだ。


「処刑」は星新一の1001にものぼるショートショートの作品の中から、読者アンケートによって1位に挙げられたこともある人気作だそうです。とても1961年以前に書かれたものとは思えない、すばらしい文章と舞台設定ですので、よろしければどうぞ。


二つ目は、「生活維持省」

「生活維持省」(せいかついじしょう)は、星新一が発表した短編SF小説である。1971年に新潮社から刊行された 『ボッコちゃん』に収録されている。恒久平和の裏側では、政府が人間をランダムに選抜して間引きしているという現実を描いたディストピア小説である。
(Wikipedia)


こちらもまた、現代における問題を鋭く指摘した傑作ショートショートです。
星新一さんの作品はどれも面白いので、興味がある方はぜひ、ほかの作品にも目を通してみてください。
氏の逝去後50年が経過した作品は著作権が無効となりますので、有志の方がAA化してくださっています。
僕もまだあまり数多くは読めていないので、もし傑作を見つけられましたら、ぜひ教えて頂けると嬉しいです。

今回の記事はこんな感じで!

美しい女性ってどんな姿? 魅力的な体とは?


AIMEE


今回は少し趣向を変え、TEDの紹介をしてみようと思います。
上記のサイト(TED Talks)では、海外の素晴らしいプレゼンテーションを、日本語や英語の字幕付きで鑑賞することができます。

-TED-
TED(テド、英: Technology Entertainment Design)とは、アメリカのカリフォルニア州モントレーで年一回、講演会を主催しているグループのこと。講演者には非常に著名な人物も多く、例えばジェームズ・ワトソン(DNAの二重螺旋構造の共同発見者、ノーベル賞受賞者)、ビル・クリントン(元アメリカ合衆国大統領、政治家)、ジミー・ウェールズ(オンライン百科事典Wikipediaの共同創設者)といった人物がプレゼンテーションを行なっているが、最重要事項はアイディアであり一般的には無名な人物も数多く選ばれプレゼンテーションしている。
(Wikipedia)


TEDというカンファレンスグループ自体は知らなくても、HNKの「スーパープレゼンテーション」という番組で、この舞台を目にしたことがある方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。あるいは、動画のダウンロードが可能であることや、その内容の面白さも相まって、これ以上はない英語教材として既に活用されている方も多いのではないかと思います。

さて、今回僕が紹介するのは、両足義足のアスリート・女優・活動家である、エミー・マランス氏のプレゼンです。




最近、パラリンピックをはじめとして「障害」について考える機会が多々ありまして、いろいろと調べものをしているのですが、その中で最も心の琴線に触れたのが、このエミー氏のプレゼンでした。
彼女は、先進国における障害科学の発達、医師、デザイナーたちの協力、そしてハンディキャップを持つ人本人とその周囲を取り巻く人々の意識の変革により、近年、障害はもはや障害でなくなって来ている、と彼女は述べています。

義肢はもはや失ったものを補うのではない
新たに生まれた空間に装着者が自由な創作を可能にする力の象徴
身体障害者とされてきた人々は、今や自分の個性を演出できるんです

興味が湧いた方はぜひ、動画をご覧になってみてください。
その他のお勧めTED動画は、コチラ

委託販売、始まりました。

お待たせしました、メロンブックス様にて新刊の委託販売が始まりました。
販売ページはこちらです。また、新刊の特設ページはこちらです。
どうぞ宜しくお願い致します!



と、記事がこれだけというのも少し寂しいので、最近聴いた小説朗読作品の中から、お勧めの動画を一つ紹介しておきます。
今回は、ラジオ文芸館にて放送された、阿刀田高氏の「コーヒー党奇談」です。



-阿刀田 高-
 阿刀田 高(あとうだ たかし、1935年1月13日 - )は日本の作家、小説家。「奇妙な味」の短編で知られる。2007年から2011年まで日本ペンクラブ会長を務めた。

◆作品
 ミステリーやブラックユーモア分野でのショートショート、エロスが盛り込まれた短編が多く、今までに書いた短編の数は800にもおよぶ。ショートショートに関しては、「星新一ショートショートコンテスト」の審査員を引き継ぐなど、星新一死後の第一人者的存在。
(Wikipedia)



さすがはショートショートの第一人者的存在、ということで、タイトルからして既に惹き付けられるものがあるこの短編。登場人物の癖などの細かな設定から、メリハリのある文体、文章の構成に至るまで、フィクションをいかにも実体験らしく見せる演出がいくつも盛り込まれていて、聞いているだけでも創作の勉強になる作品です。
もちろん、普通にコーヒー好きの方にもお勧めの内容です。


という感じで、今後は朗読小説を紹介していくことがあるかも知れません。
基本的には、ツイッターで紹介したものをこちらでも紹介していく予定です。

祭りの後

祭りの後


東方紅楼夢8、お疲れ様でした!
今回は初めての個人サークル参加、初めての個人誌発刊ということで、いったいどうなることやらと不安だったのですが、おかげ様でそこそこの数が捌け、また、メロンブックス様でも委託を引き受けて頂けることとなりました。皆様、誠にありがとうございます!
(そこそこの数捌けたと言っても、大赤字には違いがないのですが……笑。友人からは、『小説本はただでさえ売れないのに、よりにもよってエログロだろ? 正直、二桁いけば奇跡だと思ってる』と言われておりまして、当日も戦々恐々としておったのですが、なんとか、50部弱は販売することが出来ました。本当にありがとうございます!)

当日の紅楼夢終了後は、灰々さんに誘って頂いたこともあり、うらんふさん、ウナルさん、変態牧師さんをはじめとした、産廃でおなじみの方々と夕飯をご一緒させて頂きました。
あんまりレポート的なことには慣れていないので、詳細は割愛させていただきますが、色々な話を聞けて、非常に楽しかったです。産廃の皆さん、誠にありがとうございました。

また、様々なサークル様に、この新刊の配布爆撃をさせて頂いたのですが、皆様大変良い方ばかりで、お返しにと素晴らしい本をたくさん頂いたりしちゃったりもしまして、いま現在もなお、感謝の念に堪えません。
「これが、同人活動か……!」
と、本を頂く度に感激しまくっておりました。

当日、挨拶に来て下さった皆様、売り子を手伝ってくれた友人C、搬出作業などまでお手伝いをしてくれた灰々さん、ご友人と一緒にスペースまでお越し下さったべにたまさん、本当に、本当にありがとうございました。

今回の紅楼夢ではマミゾウさんサークルがすげー少なくて、僕は深い悲しみに包まれたりもしましたが、皆様のおかげで、次回もマミゾウさん本で攻める勇気がわいてきました。
マミゾウさんのために、次回も頑張るよ!
ということで、今後ともぜひに宜しくお願い致します。



PS.
上でも述べたように、現在、委託作業を進めています。
メロンブックス様にて販売が開始されましたら、またこのブログで告知したいと思います。
宜しくお願い致します!
プロフィール

あまぎ

Author:あまぎ

東方が好きです。退廃的な雰囲気の、エロかったりエグかったりするSS書いてます。あ、いや、ミステリとか全年齢向けのSSも書きますよ。

サークル情報

- プロステチウトの手慰み -

■既刊

 ◆二ッ岩大明神~...

  特設ページ, 委託ページ

  読書メーター(ネタバレ有)


■連絡先など

 ◆Pixivへのリンク

 ◆Twitterへのリンク


Webページの製作なども承ります。
いつでもお気軽にご連絡下さい。
- Prostitute Fingering -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
カウンタ
バナー(200*40)
banner