スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C84 「二ッ岩化物録」

banner.jpg

夏コミは、仮面の男さん主催の、「二ッ岩化物録」というマミゾウさん合同本に参加します!
7さんの素敵すぎるイラストが目印です! 夏コミではぜひ、F23-aにお立ち寄りください!
(おそらく僕は会場に居ませんが……!)

--------
物書きとして個人的に憧れている仮面さんに、マミゾウさん合同のお話を頂いたときは、もう本当に嬉しかったです……。
コンセプトは「二ッ岩マミゾウの半生と、これからについて」ということで、各年代ごとに担当者がわかれており、僕は江戸時代を担当しました。
時代小説のようなものに挑戦するのはこれが初めてのため、色々と大変だったのですが、天草・島原の乱についての小説を書き上げましたので、良ければ手にとってみて下さい。

(個人誌の作業も進めねばならんですね……!)
スポンサーサイト

例大祭、お疲れ様でした!


マミゾウさんお礼


博麗神社例大祭の当日、スペースまでご挨拶に来てくださった皆さん、誠にありがとうございました!
午前中は他のサークル様のところに挨拶まわりをしていたため、中々お会いできない方もいらっしゃったようで、大変ご迷惑をお掛けしました。
また、お忙しい中、スペースまでお越しいただいたにも関わらず、新刊を落としてしまったために、お求めの本をお渡しできなかった方も多数いらっしゃいました。
誠に、申し訳ありませんでした!
以後は自分の筆の遅さとタイムマネジメントの下手さをわきまえつつ、それでも精進していきたいと思っておりますので、これからも何卒どうぞ宜しくお願い致しますー!

mamizouleaf.png

また、スペースに来てくださった方から伺ったのですが、既刊を他の方に進めてくださっている方もいらっしゃるということでした。
ひぃ、本当にありがとうございますー!
正直なところ、今年の4月に大学院に入学してからは執筆時間を確保することがとても難しく、今後の同人活動どうしよう、どうしようと焦りまくっておったのですが、皆様の励ましのおかげで、火事場の馬鹿力を引き出せそうな気がして参りました!

マミゾウさんの人気がググっと上昇しそうな昨今、僕も気合を入れて執筆活動に勤しんでいきたいと思います。
それでは、また次回の記事でお会いしましょう!


(マミゾウさんお礼イラスト:本日売り子を担当してくれたMさん)

生存報告と例大祭情報

諸事情で長らく更新が滞っておりました、ごめんなさい!
みなさまお久しぶりです、あまぎです。

さて、G.Wもあっという間に過ぎ、早くも今月下旬に控えた例大祭10ですが、
私もサークル【プロステチウトの手慰み】(F12b)として参加いたします。
当日はどうぞ宜しくお願い致します!

しかし、前回の記事やカタログの方でお伝えした新刊「二ッ岩大明神/奈落で蠢く畸形たち」については、どうにも都合をつけられず、落としてしまうことになりそうです。
皆様、本当に申し訳ありません。

また折を見て、このマミゾウさん本の続きを世に出したいと思っております。
今度は落とすことがないよう、しっかりと同人誌として完成してから、再度他の即売会に申し込みして、頒布することになりそうです。
勝手ばかりを申し上げて大変恐縮ですが、その際にはまたどうぞ宜しくお願い致します。

なお、当日は既刊(といっても、前回出した本のみですが)を頒布しておりますので、もしよろしければお立ち寄りください。




----

これだけの更新になってしまうのは寂しいので、恒例の、朗読小説作品を紹介して終わりたいと思います。

今回ご紹介するのは、特集オーディオドラマ「カムバック、小野田少尉」
第30回放送文化基金賞本賞受賞作品です。



小野田少尉について、ご存じの方は多いのではないでしょうか。

小野田 寛郎(おのだ ひろお、1922年(大正11年)3月19日 - )は、日本の陸軍軍人。階級は陸軍少尉で情報将校だった。陸軍中野学校二俣分校卒。大東亜戦争終結から29年目にしてフィリピンルバング島から帰還を果たす。

・日本敗戦後
1945年8月を過ぎても任務解除の命令が届かなかった為、赤津勇一一等兵(1949年9月逃亡1950年6月投降)、島田庄一伍長(1954年5月7日射殺され戦死)、小塚金七上等兵(1972年10月19日同じく射殺され戦死)と共に戦闘を継続し、ルバング島が再び日本軍の指揮下に戻った時の為に密林に篭り、情報収集や諜報活動を続ける決意をする。日本では1945年9月に戦死公報を出されたが、1950年に赤津が投降したことで、小野田ら3人の残留日本兵が存在することが判明する。

フィリピンは戦後間もなくアメリカの植民地支配からの独立を果たしたものの、両国の協定によりアメリカ軍はフィリピン国内にとどまることとなった。これを「アメリカ軍によるフィリピン支配の継続」、またフィリピン政府を「アメリカの傀儡」と解釈した小野田はその後も持久戦法により在比アメリカ軍に挑み続け、島内にあったアメリカ軍レーダーサイトへの襲撃や狙撃、撹乱攻撃を繰り返し、合計百数十回もの戦闘を展開した。
(Wikipedia)



本作品は、このように根っからの軍人気質である小野田少尉と、そして、この小野田少尉を日本に連れ戻す役割を担った鈴木紀夫氏の物語です。
このお二人が記した体験記を元に書き起こされ、製作されたのがこのオーディオドラマです。

当時の日本の状況も含め、様々な知見を得られる傑作ドラマですので、
興味を持たれた方は一度ぜひ、聴いてみてください。


それでは、今回はこの辺りで失礼いたします。
また、例大祭会場で、あるいはまた別のどこかのイベント会場、またあるいは、この日記を含めたWEB上でお会いしましょう。
ありがとうございました!

第十回博麗神社例大祭に申し込みました。

サークルカットTemplateIn例大祭2013_6

マミゾウさん本の続き、出せたらいいな!
ということで、次回は地霊殿メンバーを軸にしたミステリ・サスペンス小説にしたいと思っています。
今のところ、【二ッ岩大明神/奈落で蠢く畸形たち】というタイトルを予定しています。
前作では人権や差別をテーマに物語を進めていたので、今作では「畸形」を背景に描いていきたいと思った次第です。

また、前作では第一章が里の村人視点であったのを引き継ぎ、今作でも第一章は、平安時代後期から鎌倉時代前期の京に生きた青年の視点で描いています。
なぜこんな話をするかというと、次回作一章の舞台が、この記事で話題にする朗読小説と関係しているからです。
というわけで、今日は菊池寛さんと、その朗読小説について簡単に触れていきたいと思います。

菊池 寛(きくち かん、1888年(明治21年)12月26日 - 1948年(昭和23年)3月6日)は、小説家、劇作家、ジャーナリスト。文藝春秋社を創設した実業家でもある。本名は菊池 寛(きくち ひろし)。

1916年に京大卒業後、時事新報社会部記者を経て、小説家となる。1923年に私費で雑誌『文藝春秋』を創刊し大成功を収め、富豪ともなった。日本文藝家協会を設立。芥川賞、直木賞の設立者でもある。
大映初代社長や報知新聞客員を務め、これらの成功で得た資産などで、川端康成、横光利一、小林秀雄等新進の文学者に金銭的な援助をおこなった。

・大正時代の中期から麻雀をやり続け、かなり強かったそうであるが、自分が負けると、ムッとして黙り込んでしまい、「くちきかん」とアナグラムで陰口を言われたそうである。
・人生経験や人生観を創作に生かすことを重視していた。「小説家たらんとする青年に与う」という文章の中で、「二十五歳未満の者、小説を書くべからず」と述べている。
(Wikipedia)



菊池寛といえば、まず挙げられるのが「恩讐の彼方に」という時代小説です。
「僧」と「武士」、「悪」と「罪滅ぼし」……このようなワードが好きな方にはお勧めの小説で、おそらく、あらすじを読まずに聴いてみるのが一番面白いと思います。



これは僕がガチ泣きしてしまったレベルの名作なのですが、この記事の本筋に沿っているのは、同氏の別の短編小説「俊寛」です。本小説も朗読版がニコニコに挙がっていたのですが、運営により消去されてしまったようなので、リンク先は青空文庫になっています。

さて、俊寛(しゅんかん)は平安時代後期の真言宗の僧で、僧位の「僧都(そうず)」を冠して俊寛僧都と呼ばれることも多い人でした。彼は、今はもう無き、京都の法勝寺が「八角九重の塔」(写真は、京都歴史資料館の模型)の執行をつとめておりました。
マミゾウさん次回作の第一章は、この塔を舞台にして展開していきます。まだ執筆中なので、詳細を述べることは出来ませんが、前作の設定をある程度引き継ぎつつ、新刊だけでも楽しめるような構成にしたいと思っています。
どうぞお楽しみに!

マミゾウさんの物語の中に俊寛は顔を出さないと思いますが、しかし、菊池寛氏のこの小説自体はとても面白いので、宜しければ眼を通してみてください。最後に、Wikipediaから、俊寛の生涯について引用しておきます。小説とはすこし結末が違うのですが、事実の方も、それ相応の物語性を含んでいます。

生涯

後白河法皇の側近で法勝寺執行の地位にあった。安元3年(1177年)、藤原成親・西光らの平氏打倒の陰謀に加わって鹿ヶ谷の俊寛の山荘で密議が行われた。だが、密告により陰謀は露見し、俊寛は藤原成経・平康頼と共に鬼界ヶ島(薩摩国)へ配流された。

『源平盛衰記』によると、藤原成親は松の前・鶴の前という二人の殿上童を使って、俊寛を鹿ケ谷の陰謀に加担させたという事になっている。松の前は美人だが愛情の足りない女で、鶴の前は不美人だが愛情に溢れた女であった。成親がこの二人に俊寛の酒の相手をさせた所、鶴の前に心をよせて女児を生ませた。すっかり鶴の前に心を奪われた俊寛は、謀反に加担する事を同意したのだ、という。

『平家物語』によると、鬼界ヶ島に流された後の俊寛ら三人は望郷の日々を過ごし、成経と康頼は千本の卒塔婆を作り海に流すことを発心するが、俊寛はこれに加わらなかった。やがて、一本の卒塔婆が安芸国厳島に流れ着く。 これに心を打たれた平清盛は、高倉天皇の中宮となっている娘の徳子の安産祈願の恩赦を行う。

翌治承2年(1178年)に船が鬼界ヶ島にやって来るが成経と康頼のみが赦されており、俊寛は謀議の張本人という理由から赦されず島に一人とり残された。俊寛は絶望して悲嘆に暮れる。 翌治承3年(1179年)、俊寛の侍童だった有王が鬼界ヶ島を訪れ、変わり果てた姿の俊寛と再会した。有王から娘の手紙を受け取った俊寛は死を決意して、食を断ち自害した。有王は鬼界ヶ島より俊寛の灰骨を京へ持ち帰った。
(Wikipedia)

WEBサービス(マッシュアップ)

top_info_590.jpg
今回は予定を変更して、最近見つけた面白いWEBサービスを少し書き留めておこうかと思います。
きっかけは、先日登録した読書メーターです。
あれは、非常によいサービスですね。
 ・過去に自分がどんな本を読んだのか
 ・自分はどんな本を好む傾向があるのか
 ・今どんなペースで本を読んでいるのか
 ・読み終わった際の感想はどうだったか
 ・自分が面白いと思った本は、世間一般的にはどう評価されているのか
こうした、読書家なら誰でも気になることをブラウザ上で確認・登録出来るのは非常に便利です。
特に関心したのは、検索やレコメンドエンジン(オススメの本の表示)などの機能を、Amazonが提供しているAPIで実現している点です。なお、APIとは以下のようなものです。

API【Application Program Interface】
あるソフトウェアを開発する際に使用できる命令や関数の集合のこと。個々のソフトウェアの開発者がソフトウェアの持つすべての機能をプログラミングするのは困難で無駄が多いため、多くのソフトウェアが共通して利用する機能は、OSやミドルウェアなどの形でまとめて提供されている。個々の開発者は規約に従ってその機能を「呼び出す」だけで、自分でプログラミングすることなくその機能を利用したソフトウェアを作成することができる。
(http://e-words.jp/w/API.html)


読書メーターは、このAPIを用いることで簡単に、そして誰もが使い慣れたAmazonの検索方式を実装しているのです。しかも、友人とオススメの本やその感想を共有したりする関係上、アフィリエイト(商品の宣伝と報酬)もすごく成立しやすい。このアフィリエイト機能も、もちろん、Amazon APIで実装されているものです。他には、読んだ本のページ数や、著者名などのデータも、APIを通じてAmazonの商品ページから取得されています。

僕も、こうした無駄のないWEBサービス(あるいは、マッシュアップと言います)を構築したいと思っておりまして、最近、ちらちらっとWEBを巡回しておりました。その中から、いくつか「これは!」と思ったものを紹介していきますね。


■ ■ ■


まずは語学系SNS、Lang-8(ランゲート)について。
pub.jpg

Lang-8は、言語学習に重点をおいたSNSです。
ここではいろんな国の人々が、学習したいと思っている言語で日記を書いたり呟いたりしています。
そしてその文章を読んだ、その言語を母国語としている第三者の方々が、それらの文章を添削することが出来るようになっています。そうやってお互いに日記などを添削しつつ、国際交流を深めていく、そういうサービスになっています。
SNSサイトは広告収入が大きいので、こうしたサイトの運営も面白そうですね。
ただし、Lang-8の場合は、カスタマーサポートを多言語で行う必要があるので、そのあたりが大変なのだそうです。


次は、Amazon Calender 7
amacal7_full.jpg
こちらもまた、Amazon APIを用いたサービスです。Amazonの商品の「発売日(予定)情報」をAPIを用いて取得し、商品ジャンル別にソートした後、それらを発売日と合わせたカレンダー形式で表示することでアフィリエイトしようというものです。うまく考えられていますね。


三つ目は、Omiai
b9b4a1b954d4c748a9a6fa115673ae7e.jpg

これは、FacebookのAPIをうまく用いた、お見合い・出会い・婚活系のサービスです。(完全無料ではありません)
Omiaiというサービスを通して気が合いそうな人を検索し、(一般に公開されている場で)アプローチをします。そして、互いに「いいね!」を付け合った場合にのみ、個人的に連絡を取り合うことができるようになる、そんなサービスです。
プライバシーの問題がネックではありますが、どうやらかなり盛況しているようでして、元手と人脈さえあれば、こうした事業に手を出してみるのも悪くはないかな、という気はします。


■ ■ ■

さて、ここまで3つ紹介してきました。
このあたりで、僕もちょっと作ってみようかなーと思っているサービスについて、簡単に書いておきます。
 ・TwitterAPIと婚活APIを併用した、発言内容や趣味によるマッチングサービス
 ・趣味でやっている陶芸やお茶の作法、あるいは伝統芸能などを、誰かに教えたい方(そして教えられたい方)を見つけられる、地域の交流活性化サービス
 ・同人活動をされる方のために、同人誌特設ページをテンプレートから作成(カスタム編集可能)し、イベントやジャンル別にまとめ、宣伝し、管理するサービス
 ・会話重視の語学・学習系SNSサービス

とりあえずは、こんな感じですかね。
皆さんも何か、いいアイディアをお持ちでしょうか。
もし気が向かれましたら、僕と一緒に、WEBサイトなどを作ってみませんか!

今回はそんな感じのお話でした!
なお、現在使用可能なAPIや、マッシュアップの例は、以下のサイトにうまく纏められています。興味がある方は覗いてみてはいかがでしょうか。
ワッフル/WAFL - みんなでつくるWEB-API & マッシュアップ情報サイト
プロフィール

あまぎ

Author:あまぎ

東方が好きです。退廃的な雰囲気の、エロかったりエグかったりするSS書いてます。あ、いや、ミステリとか全年齢向けのSSも書きますよ。

サークル情報

- プロステチウトの手慰み -

■既刊

 ◆二ッ岩大明神~...

  特設ページ, 委託ページ

  読書メーター(ネタバレ有)


■連絡先など

 ◆Pixivへのリンク

 ◆Twitterへのリンク


Webページの製作なども承ります。
いつでもお気軽にご連絡下さい。
- Prostitute Fingering -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
カウンタ
バナー(200*40)
banner
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。